マイベスト~体をはって徹底検証~

My best Green juice

メインイメージ
ランキングをみる
ランキングをみる
おすすめの人気製品をランキング形式でご紹介します。
実際に飲んでみた感想
実際に飲んでみた感想
体をはって飲んでみた感想を率直に!
比較・検討の材料にどうぞ
人気の比較データ
人気の青汁比較データ
定番から流行まで、人気のある商品のスペックを徹底比較してみました。

青汁に含まれる葉酸

葉酸はヒトの身体にとって必要不可欠な要素として知られています。
一般的にはビタミンB群に分類される「ビタミン」ではありますが、
赤血球の働きをサポートする機能で高い有用性が期待されています。

赤血球の働きは基本的には血中の「輸送係」です。
酸素や栄養素などを身体中の細胞に運ぶことで生命活動を維持させています。
この赤血球を増やすことで、より健康的な生活を手に入れることが出来るでしょう。

水溶性ビタミンのため、過剰摂取の心配はありません。
体内では半数以上が肝臓に蓄積されていくことになります。

さらに、もっとも重要なポイントになる働きとしては胎児や幼児、児童などの
成長中の身体の発育に必要と考えられています。

そのために、妊娠中の女性は特に葉酸の摂取が必要になってきます。
厚生労働省の発表によれば、妊娠期の女性は通常時の倍以上の摂取量が望ましいそうです。
さすがに、これだけの量を食物から摂るのは難しいのですが、
そのかわりに「青汁」を摂取することによって、解決できると言われています。

効果

先述したような血中の赤血球の合成を助ける働きの他にも、
妊娠中の女性が摂取することによって胎児の健康を守るという目的もあるでしょう。

ちなみに、この赤血球を合成する機能は葉酸だけのものではありません。
ビタミンB12と協力することによって、よりスムーズに働きかけるのです。

そのため、単独で摂取するのではなくて同時にビタミンB12を摂るように心がけてください。
より高い効果を得ることが出来るでしょう。

上記の効能によって、貧血を防ぐ働きがあるとも言われています。
不安がある方は積極的に摂取したいものです。

さらに、ホモシステインのメチオニンへの変換も非常に重要な役割だと言われています。
これがうまく行われなくなると動脈硬化や心筋梗塞などの重篤な疾患を引き起こるリスクが、
急速に上がってしまうのです。

積極的に摂取して、健康を維持しましょう。

食材

葉酸を多く含む食材として挙げられるのは「レバー」です。
いかにも血を作り出すのに大きな役割を果たしそうですね。

この他にも野菜には菜の花やホウレンソウなどが例として挙げられます。
果物はイチゴやマンゴーが代表的な例として考えられます。

ナッツや牛乳などにも含まれますが、この食材はカロリーが高いので、
あまり摂りすぎない様にしてください。

ちなみに、サプリメントや健康食品からの摂取であれば、
副作用や過剰摂取の心配は一切いりません。

しかし医薬品からの摂取は十分に気を付けるようにしましょう。
大量に摂取した場合はじんましんになることもあります。

優秀!青汁

画像

ふるさと青汁

◇八丈島産の明日葉を使用!
◇特有成分カルコンを
 根っこから茎まで丸ごと摂取!
◇抹茶風味で飲みやすい!
◇強力デトックス効果