マイベスト~体をはって徹底検証~

My best Green juice

メインイメージ
ランキングをみる
ランキングをみる
おすすめの人気製品をランキング形式でご紹介します。
実際に飲んでみた感想
実際に飲んでみた感想
体をはって飲んでみた感想を率直に!
比較・検討の材料にどうぞ
人気の比較データ
人気の青汁比較データ
定番から流行まで、人気のある商品のスペックを徹底比較してみました。

青汁の誕生

皆さんは、青汁と言えば何年位前からご存じだったでしょうか?
広く知られるようになった大きなきっかけの一つに、
「まずい!もう一杯!」というCMがあります。

私自身も、このCMをきっかけに知ることになりました。

その後テレビ番組でも独特の苦みから罰ゲームなどに利用されるようになり、
飲んだことはなくても、なんとなく「まずい・クセがある」という
苦手意識を持っている方も多いかと思います。

今でこそケール・大麦若葉・明日葉など、様々な原材料で作られていますが、
昔はケールで作られていました。

ケールは非常に栄養価の高い優秀な野菜ですが、
日本で料理に使われることはほとんどありません。

それは、ケールの独特の苦みやクセが料理に向かないからかもしれません。
しかし、欧米では日常の食卓に良く使われることから、
日本の料理には向かない、と言ったほうが良いかもしれません。

好みが分かれる野菜ですが、栄養の豊富さは折り紙つきです。

昔は中高年が健康のために飲むというイメージでしたが、
最近では健康にも美容にも生活習慣病予防にもetc...と、
実に多くの効果があることがわかっており、
子どもにも若い女性にもというように、幅広い人々の支持を得ています。

需要が増えれば、利用者の希望に沿った新たな商品が開発されていきます。

その為、最近では大麦若葉や明日葉、ゴーヤ、緑茶、ヨモギ、
桑の葉、いぐさなどなど、実にいろいろな原材料が使用されています。

お茶のように抵抗なく飲めたり、うるおい青汁のように
美容に良い果物と混ぜてフルーティーなジュース感覚で飲めるものまであります。

もはや「まずい」「飲みにくい」と言った概念は時代遅れと言ってよいでしょう。

時代と共に研究も進み、より細かい作用まで分るようになりました。

抗酸化物質によるアンチエイジング作用や、精神の不調・睡眠障害の改善作用まで、
嬉しい作用が沢山あるのです。

そんな青汁の始まりは、1943年、食糧難の時代です。
医大の教授であった遠藤仁郎博士によって作られました。

食糧難で満足に食べることも出来ず、
栄養が十分に摂取できない時代、空腹を満たす事や栄養を補給するために出来ることはないか・・・ という想いから開発がすすめられました。

最初は、大根の葉っぱなど、野菜の捨てられてしまう部分を使って絞り汁を作っていました。

その後、飲みやすさや使う野菜にも試行錯誤をし、
中でも栄養が豊富な「ケール」の青汁が出来上がりました。

まだ材料の改良を重ねている頃、
遠藤博士のお子さんや奥さまが病に倒れたことがあり、
その際に青汁を毎日飲ませたところ、みるみる回復したという事もあります。

ヒトの健康に大切なのは野菜の栄養だという事が、
実感できる実話です。

また、遠藤博士の理念として、
「青汁は本来自分で作る物」「使用する野菜は無農薬の物」「混ぜ物をしない」
という物があります。

とは言え、手作り出来る方ばかりではありません。

その場合は、販売されている物を購入して飲むと良いのですが、
この時も注意すべきポイントがあります。

「原材料が無農薬栽培されてるもの」「添加物が使用されていない物」
「信頼できるメーカー・商品であること」です。

というのも、やはり、販売されている商品の中には
材料の入手先が不明瞭な物や、品質管理がずさんなものもあり、
それを摂取してしまうとかえって健康被害を受けてしまう可能性があるのです。

そうなってしまっては本末転倒ですので、
しっかりと信頼できる商品かどうか見極めましょう。

私がこれまでに試した中で、特に信頼できる且つ効果を感じた商品はこれです。

「ステラの贅沢青汁」・・・
遠藤博士が認めた材料「ケール」が主原料となっているサプリメントタイプの製品です。
栄養価がぎっしり詰まっているので効果の実感が早いのも魅力!
外出先でも気軽に飲めるので、継続のしやすさもメリットです。

ケールの他にはクロレラや長命草などが配合されていますが、
どれも国産の有機栽培野菜のため、安全性は高いのが嬉しいポイントとして挙げられます。

「うるおい青汁」・・・
美容に特化した女性向けの商品です。
主原料は大麦若葉で、その他にも7種類のフルーツを配合しています。
赤ワインなどに含まれているポリフェノールの一種「レスベラトロール」も含まれています。
女性を中心に、今おおきな注目を集めている成分のひとつであり、
高い抗酸化力が魅力ですね。

8つのフルーツはローズヒップ・アサイー・カムカム・プルーン・ラズベリー・椿朱子エキス・大豆セラミドからできています。

「ふるさと青汁」・・・
この製品の原材料は明日葉です。
明日葉にはカルコンという特別な成分が含まれているというのが魅力でしょう。
老廃物を排出してくれる役割を持っており、実際に飲用してみると、
身体中のむくみが取れていくのがわかります。

また、粉末タイプですが溶けやすく、クセがない味も魅力のひとつです。
美味しく飲めるので、継続して摂取するのも簡単です。

優秀!青汁ランキングTOP3

画像

第一位 ふるさと青汁

◇八丈島産の明日葉を使用!
◇特有成分カルコンを
 根っこから茎まで丸ごと摂取!
◇抹茶風味で飲みやすい!
◇強力デトックス効果
画像

第二位 黒糖抹茶青汁寒天ジュレ

◇初回は半額
◇ゼリータイプ
◇美容にお薦め
画像

第三位 ユーグレナの緑汁

◇初回はお試し可能
◇ユーグレナを使用
◇DHAなども摂れる