マイベスト~体をはって徹底検証~

My best Green juice

メインイメージ
ランキングをみる
ランキングをみる
おすすめの人気製品をランキング形式でご紹介します。
実際に飲んでみた感想
実際に飲んでみた感想
体をはって飲んでみた感想を率直に!
比較・検討の材料にどうぞ
人気の比較データ
人気の青汁比較データ
定番から流行まで、人気のある商品のスペックを徹底比較してみました。

青汁の産地を確認

青汁を一言で表現するならば「生野菜のしぼり汁」といえるでしょう。
つまり、スーパーなどで野菜を購入する時に意識するのと同じように、
青汁の商品を選ぶときにも「原材料」と「生産地」をしっかりと確認する必要があるのです。

やはり理想的なのは「国産」の農産物を原料としているものではないでしょうか?
農薬などの使用についても確認する必要はあるものの、
ある程度の安全基準をクリアしているという安心感があります。

このような「無農薬」の野菜を使用した商品なのかどうかという事を知っておくと、
商品選びもある程度はスムーズになってくるのではないでしょうか?

例えば、製品選びにおいて意識するのは下記の四つが挙げられます。
「費用」・「安全性」・「効果」・「製品タイプ」
このうち安全性については原料の生産環境に依存する部分が大きいといえるでしょう。

名産地

材料の素材となりやすい野菜としてはケールや大麦若葉や明日葉が挙げられます。
ケールはそもそもヨーロッパ産の野菜であり、独特の苦みと豊富な栄養価が魅力です。
その栄養の豊富さから緑黄色野菜の王様という異名もとっています。

和名はリョクヨウカンランとも言われていますが、スーパーや八百屋に行っても、
あまり見かけることはありません。
キャベツやブロッコリーの原種としても知られており、
このことからもビタミンの含有量の豊かさが窺い知れます。

日本では比較的暖かい地方での栽培がさかんな傾向があります。
例えば、九州では安全で栄養満点のケールが栽培されています。

一方で、明日葉は日本が原産国の植物であり、カルコンという成分が魅力です。
八丈島や伊豆諸島などでの栽培がさかんであり、自生もしています。
その名のとおり、強靭な生命力があると言われており、
近年では材料としてもっとも活用されている農産物のひとつです。

オーガニックとは

近年ではしばしば耳にするようになった「オーガニック」という言葉ですが、
これは一体どんな意味を持っているのでしょうか?

簡単に言い換えれば「有機栽培」ということになります。
様々な手法を使って、作物を作る土地を改善していく農業のスタイルで、
化学肥料や農薬などを使わずに、優秀な作物を作る方法のことを指します。
有機栽培で作られた野菜を原料としている青汁製品としてはふるさと青汁が挙げられます。

栄養価について抗酸化作用が多いと言われており、
一方で脂肪分は従来の手法よりも少ないと評価されています。
安全面についても上記のとおり、農薬や化学肥料が使われていないことから、
高く評価されているので商品選びの際のひとつの指標になるでしょう。

優秀!青汁ランキングTOP3

画像

第一位 ふるさと青汁

◇八丈島産の明日葉を使用!
◇特有成分カルコンを
 根っこから茎まで丸ごと摂取!
◇抹茶風味で飲みやすい!
◇強力デトックス効果
画像

第二位 黒糖抹茶青汁寒天ジュレ

◇初回は半額
◇ゼリータイプ
◇美容にお薦め
画像

第三位 ユーグレナの緑汁

◇初回はお試し可能
◇ユーグレナを使用
◇DHAなども摂れる