マイベスト~体をはって徹底検証~

My best Green juice

メインイメージ
ランキングをみる
ランキングをみる
おすすめの人気製品をランキング形式でご紹介します。
実際に飲んでみた感想
実際に飲んでみた感想
体をはって飲んでみた感想を率直に!
比較・検討の材料にどうぞ
人気の比較データ
人気の青汁比較データ
定番から流行まで、人気のある商品のスペックを徹底比較してみました。

大麦若葉の特徴

比較的新しい原材料として人気を集めていますが、一体どんな植物なのでしょうか?
ここでは、その特徴やメリット・デメリットを私なりにまとめています。

イネ科の植物であるオオムギは私たち人間にとって最も古くから付き合いのある作物です。
穀物の大麦といえば、知らない人はいないでしょう。
現在では、麦茶として飲用したり、ビールやウイスキーなどの製造に使われたり
非常に幅広い範囲で活用されています。

そして、この植物をまだ青い若葉のうちに葉の部分を収穫したものを大麦若葉といいます。

画像

収穫されるのはまだ全長が20cm程度の頃だそうです。
強い生命力と、それに裏付けられた豊富な栄養価が
魅力的な原材料です。

大麦は「麦踏」とよばれる作業が行われた後に
収穫を行います。
これは若葉の状態で収穫される際にも既に行われており、生命力が強くなる要因です。

麦踏が行われると茎や葉が折れてしまいます。
しかし、これを回復しようと、大麦は植物ホルモンを分泌します。
その過程で茎の成長速度が促進されて含有される栄養素が豊富になっていくのです。

美容にも健康にも効率的に働きかける機能と味も悪くないという実用性を備えた原料で、
現在では多くの製品に使われています。

栄養・効果を分析してみた

ここでは、大麦若葉に含まれている成分・栄養を紹介します。
その成分が持っている効果・効能についてもわかるようにまとめてみました。

SOD酵素 この原料を代表する物質で強力な抗酸化作用を持っています。
アンチエイジングや美肌などの美容作用に加えて、ガン予防なども可能です。
アミノ酸 トリプトファン、アラニンなどが主要なアミノ酸として豊富に含まれています。
前者には鎮痛・催眠・精神安定の作用が、後者には肝機能の向上作用があります。
ビタミン類 βカロテンをはじめ、ビタミンB1やビタミンEなど種類も量も豊富に含まれています。
普段の生活では不足しやすい栄養分を一気に摂取することが出来ます。
ミネラル類 カルシウムや亜鉛、鉄など様々な種類を豊富に含んでいます。
鉄は赤血球を増やしてくれるので貧血で悩んでいる方は積極的に摂取したいものです。
食物繊維 便秘を改善するのに最適な栄養で、別名「第六の栄養素」と言われています。
便秘は肌荒れをはじめ、様々な肌トラブルを引き起こすので、それらの解消にも効果◎

最大の特徴として挙げられるのがSOD酵素(スーパーオキシドディスムターゼ)です。
強力な抗酸化作用を持っているため、美容面にも健康面にも大きな影響を与えます。
動脈硬化や糖尿病などを予防することも可能です。

豊富に含まれていると考えられているビタミンB1は疲労回復に高い効果が期待されており、
β-カロテンには免疫力を向上する作用があると考えられています。

ちなみに、大麦若葉はこんな悩みを持っている方にオススメです。

画像
  • 糖尿病や高血圧を改善したい方
  • 貧血で悩んでいる方
  • 美容・アンチエイジングへの意識が高い方
  • ストレスを解消したい方
  • 疲れが溜まっている方

私的な見解

近年では多くの製品に、この原料が使われています。
それは大麦若葉の持つ栄養分への期待のあらわれかもしれません。

この他の原料とミックスした製品が比較的多いような印象もうけます。
SOD酵素(スーパーオキシドディスムターゼ)の強力な抗酸化作用を利用して、
美容に特化した製品も多いように感じます。

画像

私も身体の内外の健康のために青汁を飲んでいたということもあり、
粉末タイプでも飲みやすいだけではなく、とても美味しいので、
長い間お世話になった経験があります。

実際に肌トラブルが解消されていくのを感じましたし、
身体の調子も良好でした。
何よりも肌にハリやツヤを感じるようになった時は
「飲んでいてよかった」と心の底から思いました。

美容にも有効な製品としては『極の青汁』などが人気ですが、
飲みやすく、女性好みの風味という傾向があります。

そのほかの美肌成分が盛りだくさんなのも特徴で、味も美味しいので
初心者でも気軽に始められるのが特徴といえるでしょう。

優秀!青汁

画像

ふるさと青汁

◇八丈島産の明日葉を使用!
◇特有成分カルコンを
 根っこから茎まで丸ごと摂取!
◇抹茶風味で飲みやすい!
◇強力デトックス効果